黄店長のあなたと緑さんの相性

緑さんってどうしてこうなの?

「すごくいい子なんだけど……おとなし過ぎるんだよね」

黄店長は、緑さんに対してこのように不満に思ってしまう傾向がありませんか?

これは、自分目線で緑さんを見ているために生じる価値観のズレです。

お互いに不満を持ったままでは、人間関係の改善はできません。

部下との人間関係の改善をするには、部下の特徴や価値観を尊重した対応が必要です。

尊重した対応とは、部下の好きなこと、得意を伸ばすことです。

もう一つ気を付けて欲しいのは、自分の嫌いなことや苦手に過敏に反応しないことです。

この二つを意識すれば、部下との人間関係を改善できるだけでなく、部下のやる気UPや、お互いの信頼関係を築くきっかけにもなるでしょう。

黄店長が緑さんとうまくやるコツ

共感、承認のお返し。

緑さんは、黄店長の「人に影響を与えたい」思いを敏感に察知して、いつもまめに共感、同調、承認してくれているはずです。

黄店長が周りの反応にストレスを感じないのは、緑さんのおかげかも。

そんな緑さんに、ちゃんと共感、承認をお返ししましょう!

緑さんは、人に同調した分自分にも同調して欲しいという、同化型の承認欲求が強いタイプです。

けれども、、感情表現も薄く、直接的に承認を求めることはしません。

黄店長は、自分が注目の的になることに気を取られ過ぎて、緑さんへのお返しがおざなりにならないように注意しましょう!

指示は具体的、丁寧に伝える。

黄店長は、ざっくりとした指示を好みますが、緑さんは「期待に正確にきちんと答えたい」という価値観を持っているため、具体的な指示を必要とします。

緑さんに合わせた指示をしましょう!

(NG)

黄店長:「今日中にさっと計算してしまってね」

緑さん:「え?、あ、はい…」

緑さん(心の声):計算って、何を? どこまで? もう、全部やっちゃお。。。

黄店長:「あれ? こっちは計算しなくていいのに」

緑さん:「え? あ、すみません……」

緑さん(心の声):だったら、最初からそういってくれれば。。。

(OK)

黄店長:「今日中に集計しないといけないから、17時までに、ここと、ここをさっと計算してしまってね」

緑さん:「はい!」

黄店長:「時間も内容もバッチリ! ありがとう!」

緑さん:「ハイ! よかったです!」

緑さんの褒め方

ねぎらいの言葉で承認欲求を満たしてあげる。

緑さんが喜ぶのは、感謝やねぎらいの言葉です。

「緑さんがいてくれることでいい成果につながった」「ありがとう」「いつも助かるよ」

そんな言葉が、緑さんの承認欲求を満たしてくれます。

ただし、みんなの前では、緑さんだけ褒めるのではなく、チーム全体を褒めてください。

緑さんは、黄店長と違って目立つのは好きではありません。

何より調和を大事にする緑さん、自分だけが褒められるとチームの調和が乱れるのではと心配になります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

黄店長は感情表現が豊かで外向的、緑さんは感情表現が薄く内向的な性格です。

また、好奇心旺盛で新しい物や変化を好む黄店長と、変化が苦手な緑さん。

この違いが不満のもとですが、お互い人間関係を大事にする価値観は似ています。

黄店長は、自分の興味ばかりに夢中にならず、緑さんの気持ちにもっと目を向けて、緑さんに合わせて声を掛けてあげてください。

このように、自分が相手(緑さん)の考えや特徴に合わせることが、緑さんとの人間関係を改善し、コミュニケーションをうまく進めるコツです。

相手の特徴が分かると、今まで抱いていたモヤモヤが少しスッキリしませんか?

そのスッキリした感覚は、あなたが価値観のズレを認識したということで、一歩前進です。

タイプによって似た傾向はあるものの、本来価値観は人それぞれ違うものです。

違いは個性です。

個性が違う人どうしの集まりは、似た個性の人どうしよりも、考え方や、物事の見方の幅が広がります。

それによりいろんな可能性が高まり、お店の成長、発展にもつながります。

個性を消すのではなく、個性ととうまく付き合って尊重し合うことが、人間関係の改善にも、お店のためにもなるというわけですね。

各カラーの特徴・相性の組み合わせ一覧