緑店長のあなたと赤さんの相性

赤さんってどうしてこうなの?

「なんか見下されているような……」

緑店長は、赤さんに対してこのように不満に思ってしまう傾向がありませんか?

これは、自分目線で赤さんを見ているために生じる価値観のズレです。

お互いに不満を持ったままでは、人間関係の改善はできません。

部下との人間関係の改善をするには、部下の特徴や価値観を尊重した対応が必要です。

尊重した対応とは、部下の好きなこと、得意を伸ばすことです。

もう一つ気を付けて欲しいのは、自分の嫌いなことや苦手に過敏に反応しないことです。

この二つを意識すれば、部下との人間関係を改善できるだけでなく、部下のやる気UPや、お互いの信頼関係を築くきっかけにもなるでしょう。

緑店長が赤さんとうまくやるコツ

毅然とした態度で決断を。

緑店長は、何事もみんなと一緒に協力し合いながら進めていきたいタイプです。

もともと優柔不断な性格もあり、一つの決断にも時間がかかりがちです。

しかし、赤さんは何事も即断即決決断したいタイプのため、緑店長の優柔不断さが苛立つことも。

全員でしっかり話し合って決めるべきことももちろんありますが、たまには自分でスパッと決めることも必要です。

緑店長なら決断した後のフォローもしっかりできるので大丈夫!

赤さんは、決断が早い人を尊敬する傾向があります。

苦手かもしれませんが、必要に応じて、緑店長も店長として毅然とした態度を心がけることが、赤さんとうまくやるコツです。

(NG)

赤さん:「緑店長、これってやめてよくないですか? 誰か使ってます? これ」

緑店長:「あぁ、これね。でも、こうやるように教わって、ずっとこうやってきたからね……。とりあえずやっとこう」

赤さん:「えー」

緑店長:「みんなに聞いてみとくね。誰か使ってるかもしれないし、○○店の店長にもどうしてるか聞いてみるね。でも、昔からだから、何か必要なんだとは思うんだけど……」

赤さん:「えー、もう緑店長が決めてよくないですか?」

(OK)

赤さん:「緑店長、これってやめてよくないですか? 誰か使ってます? これ」

緑店長:「あぁ、これね。でも、こうやるように教わって、ずっとこうやってきたからね……」

赤さん:「えー」

緑店長:「……わかった! 一旦やめてみよう! 私も、今、特に必要としてないし、後でみんなにも聞いてみるね。念のため○○店の店長にも聞いてみて、やっぱり必要だと思ったら、また考えよう! いい?」

赤さん:「ハイ!」

赤さん(心の声):おっ、今日の緑店長、なんかかっこいい!

緑店長と赤さんの特徴、価値観は対照的。

緑店長と赤さんの特徴、価値観は対照的なところが多く、それぞれが理想とするリーダー像も対照的です。

何事もみんなと一緒に協力し合いながら進め、調和を大事にする緑タイプ。

何事も即断即決、「私についてきて!」とみんなをグイグイ引っ張る赤タイプ。

お互いが自分の理想を求めれば求めるほど、違いが広がり、不満が大きくなるだけなので、上記のように、緑店長が赤さんの特徴や価値観を知って自分をコントロールすることが大事です。

また、違いがあるということは、お互いの得意不得意も違い、フォローし合える存在ということです。

赤さんの「人に頼りにされたい」という価値観を活用して、任せたり、赤さんの意見を参考にして進めることなども、赤さんのモチベーションを上げることができるでしょう。

そうすることで、次第にいい信頼関係も築けていくはずです。

赤さんの褒め方

単刀直入、ストレートに褒める。

赤さんは、ストレートな表現で褒めるのがいいです。

できるだけすぐに、できるだけみんなの前で褒めると、より喜びます。

「助かった」「大変だったでしょ?」なんていわれても、赤さんは褒められてるとは認識しませんので、気を付けてください。

(NG)

緑店長:「もう売場終わったの? 赤さんのおかげで助かったわ、ありがとう! 大変だったでしょ?」

赤さん:「……はい。あ、大丈夫です」

赤さん(心の声):何か嬉しくない!

(OK)

緑店長:「もう売場終わったの? すごい! 赤さん、次もお願いね! やっぱり赤さんが一番ね!」

赤さん:「ハイ! 任せてください!」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このように、自分が相手(赤さん)の考えや特徴に合わせることが、赤さんとの人間関係を改善し、コミュニケーションをうまく進めるコツです。

相手の特徴が分かると、今まで抱いていたモヤモヤが少しスッキリしませんか?

そのスッキリした感覚は、あなたが価値観のズレを認識したということで、一歩前進です。

タイプによって似た傾向はあるものの、本来価値観は人それぞれ違うものです。

違いは個性です。

個性が違う人どうしの集まりは、似た個性の人どうしよりも、考え方や、物事の見方の幅が広がります。

それによりいろんな可能性が高まり、お店の成長、発展にもつながります。

個性を消すのではなく、個性ととうまく付き合って尊重し合うことが、人間関係の改善にも、お店のためにもなるというわけですね。

各カラーの特徴・相性の組み合わせ一覧