青店長のあなたと赤さんの相性

赤さんってどうしてこうなの?

「なんでそんなにせっかちなの?」

青店長は、赤さんに対してこのように不満に思ってしまう傾向がありませんか?

これは、自分目線で赤さんを見ているために生じる価値観のズレです。

お互いに不満を持ったままでは、人間関係の改善はできません。

部下との人間関係の改善をするには、部下の特徴や価値観を尊重した対応が必要です。

尊重した対応とは、部下の好きなこと、得意を伸ばすことです。

もう一つ気を付けて欲しいのは、自分の嫌いなことや苦手に過敏に反応しないことです。

この二つを意識すれば、部下との人間関係を改善できるだけでなく、部下のやる気UPや、お互いの信頼関係を築くきっかけにもなるでしょう。

青店長が赤さんとうまくやるコツ

決断を急ぐ、任せる。

赤さんは、自分と同じスピードで決断を迫りがちです。

青店長は、何事も効率よく完璧にしたいタイプなので、赤さんより判断に時間がかかります。

もっといえば、青店長は、赤さんがあまり深く考えずに行動するため、やり直しになり、不効率になるのを避けたいとも思うため、判断に余計時間がかかってしまうこともあります。

この思考のスピード感が、青店長と赤さんの一番の違いです。

店長という立場は決断の連続です。

青店長の納得がいく判断ができるような時間は、いつもいつもはそうないはずです。

重要度が高くないことであれば見切り発車も必要ですし、店長でなくてもいい判断は、多少不効率になっても部下に任せるのがいいでしょう。

任せることで部下は成長します。

中でも赤さんは「頼られたい」人なので、モチベーションのUPにもつながります。

ただし、赤さんに任せる時はざっくりと。

細かい指示は赤さんのモチベーションを下げてしまいます。

(NG)

赤さん:「店長、今日入荷した商品、ここに置いててもいいですか?」

青店長:「あ、そ、そうね…。でも、そこじゃ入りきれなくなりそうよね……。ちょ、ちょっと待ってね……。あれをこうして、これをああして……、んーどうかなぁ、ん? そもそも全部ここじゃない方がいい?」

赤さん:「……どうするんですか?」

赤さん(心の声):もう、こんなの考えるよりさっとやってから考えればいいのに!

(OK)

赤さん:「店長、今日入荷した商品、ここに置いててもいいですか?」

青店長:「あ、そ、そうね……。とりあえずお願い。後でバランス確認するから、赤さんに任せていい?」

赤さん:「ハイ! 任せてください!」

赤さんの褒め方

細部にこだわり過ぎず、単刀直入、ストレートに褒める。

赤さんは、ストレートな表現で褒めるのがいいです。

できるだけすぐに、できるだけみんなの前で褒めると、より喜びます。

青店長は、自分が思っている以上に大げさに褒めましょう。

また、細部にこだわり過ぎなように注意しましょう。

(NG)

青店長:「もう売場終わったの? すごい! やっぱり赤さんすごい! あ、でも、ここがもう少しこうだったら良かったかなぁ。でも次も赤さんにお願したいなっ!」

赤さん:「…はい。あ、ありがとうございます」

赤さん(心の声):何か嬉しくない。。。

(OK)

青店長:「もう売場終わったの? すごい! 赤さん、次もお願いね!」

赤さん:「ハイ! 任せてください!」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

このように、自分が相手(赤さん)の考えや特徴に合わせることが、赤さんとの人間関係を改善し、コミュニケーションをうまく進めるコツです。

相手の特徴が分かると、今まで抱いていたモヤモヤが少しスッキリしませんか?

そのスッキリした感覚は、あなたが価値観のズレを認識したということで、一歩前進です。

タイプによって似た傾向はあるものの、本来価値観は人それぞれ違うものです。

違いは個性です。

個性が違う人どうしの集まりは、似た個性の人どうしよりも、考え方や、物事の見方の幅が広がります。

それによりいろんな可能性が高まり、お店の成長、発展にもつながります。

個性を消すのではなく、個性ととうまく付き合って尊重し合うことが、人間関係の改善にも、お店のためにもなるというわけですね。

各カラーの特徴・相性の組み合わせ一覧