青タイプの特徴

青タイプの特徴

納得が何より大事、効率重視の真面目な分析家

何より納得

何より納得できるかどうかが大事

「目的を効率的に確実に果たしたい」という思いが強いタイプ。

このタイプは、効率を追求するために必要な明確な目的を知りたがりますし、目的を達成させるための根拠や意図も知りたがります。

納得した後は放っておいても、自らいろいな情報集めて分析し、客観的な視点で状況を観察し、効率的な計画を立てて行動するので、スロースタートですが、結果的には確実に目的を達成させることができます。

自分が確実に果たせるか約束できないこと(納得できないこと)は、安易に安請け合いすることはありません。

納得いかないことは、どんなに簡単なことでも拒む頑固なところもあります。

普段は集中力があるほうなのですが、納得できずにモヤモヤしたままでは、集中力に欠けミスをしやすくなります。

問題解決

問題解決のエキスパート

物事の本質を探ることに長けていて、問題を解決するポイント、方法を見つけ出すのが得意です。

いろいろな情報集め根気強く分析するのが得意で、そのような仕事はうってつけです。

また、客観的な視点で物事を見たり、じっと状況を観察することも得意で、そういった中から、今までは思いもつかなかった問題点の改善の糸口を見つけ出すこともあります。

既存のやり方、考えにとらわれない性格も加わって、大きな改善、改革にも向いています。

正直に、正確に

正直、正確さを大事にする

嘘やごまかしが嫌いで、常に、人にも自分にも正直です。

そのような姿が、周りの人には真面目な人という印象を与えるのかもしれません。

責任感が強いのも、自分が引き受けたことは、ミスなくきちんと果たしたいという思いが根底にあるためです。

自分がいったことをしない、忘れる、約束を守らない、などに対して厳しいのも、このタイプの特徴のひとつです。

仕事優先

人間関係より仕事優先

自分が納得し任された仕事を確実に全うすることに対しての関心は強いのですが、人への関心は薄く、人の気持ちには鈍感なほうです。

また、空気を読むことも苦手です。

感情が表に出ない

何を考えているのかわからないとかいわれます

感情が表に出ないタイプのため、周りの人からはこういわれてしまいがちです。

楽しい、嬉しいときはいつもより少しにこやか、言葉もいつもより少し多いかもしれません。

このように、本人としては喜怒哀楽を出しているつもりなのですが、家族並みに親しくないとわからない違いなのかも。。。

真面目な印象で、みんなとワイワイ騒いだりするのは好きじゃないオーラを感じさせているのか、周りからも敬遠されがちで、コミュニケーションも薄くなってしまいます。

一人でいるのも嫌いではありませんが、実はみんなと騒いだりするのも、嫌いなわけではありません。

ただ空気が読めないだけに、入る間も会話もわからないため、結果一人になっていることも。

急かさないで

急かさないで!

じっくり観察し、じっくり考えてから、ゆっくり筋道を立てて話すタイプだというのもあり、反応もゆっくりです。

忍耐力は優れているのですが、瞬発力はありません。

そのため、急かされるのは苦手で、テンパってミスもしてしまいます。

こだわり派

こだわりを聞いて欲しい!

「すごい」「さすが!」などの抽象的な言葉で褒められるのは、単なる社交辞令のようで嫌います。

褒めるなら、こだわったところを誉めて欲しいと考えます。

ただ、何にこだわったかとてもわかりにくいことが多いため、「どうしたらこんなにできたの?」と、ストレートに聞くほうがいいでしょう。

自分が出した成果に対して、試行錯誤したところ、工夫したところなどを、具体的にとても喜んで話し出します。

好きなこと、得意なこと

・効率的なこと

・観察、分析すること

・計画を考えること

・根気強く答えを導き出すこと

・物事の本質を探ること

・整理整頓、分類分け

・記憶力

嫌いなこと、苦手なこと

・急かされること

・無駄、無意味なこと

・感情表現をすること

・ミスをすること

・干渉されること

・プライベートな話をする、聞くこと

・空気を読むこと

・お世辞

・人前で話すこと(人見知り気味)

・大勢の中にいること

青タイプの店長、上司、リーダー

社交性、統率力、コミュニケーション力など苦手なことが多く、自ら進んで店長になりたいとは思わないタイプです。

得意とする観察力、分析力を活かせるのは、副店長などの二番手位が一番効果的ですが、青タイプのこだわりを使命感にできれば、他のタイプとは違う視点を持ったリーダーシップを発揮して、目標を達成しようとします。

しかし、やはり多勢の前で話すのは苦手で、スタッフとのコミュニケーションには、いつも悩みを抱えがちです。

青タイプのスタッフ、部下、メンバー

真面目に自分の役割をきちんと果たそうとします。

人からの評価のためではなく、自分自身が納得できたかどうかが、青タイプのモチベーションを左右します。

また、こだわりをピンポイントに褒めることも、モチベーションUPになります。

反対に、自分が納得できないこと、不効率な仕事は、例え簡単なことでもやりたがりません。

感情表現が苦手なため、周りから変わった人、冷たい人と誤解もされやすいことも。